MENU

タグ:正規表現:記事一覧

JavaScriptで文字列をひらがなからカタカナに、その反対にカタカナからひらがなに変換する方法をお伝えします。

htmlなどのテキストファイルをそのままの形で読み込んできて、正規表現で検索したらハマったのでメモ。

JavaScriptで正規表現したいとき毎回検索して調べているので、自分向けにまとめてみる。

JavaScriptには、正規表現を使って文字列を検索するメソッドが二つある。match()とexec()だ。この二つは基本的には同じ結果になるが、場合によっては使い分けが必要です。

JavaScriptで文字列の置換をおこなう場合、ほとんどのケースでreplace()を使用できます。単純な置換から正規表現を使用しての置換、さらにはコールバック関数を使用して置換する内容を細かく制御できるのだから万能といっていい。だが初めて使う人は、少し戸惑うと思う。そこで今回は、JavaScriptのreplace()メソッドについて自分なりにまとめてみる。

JavaScriptのsplit()は、文字列を分割して配列にセットするメソッドです。分割する文字列は正規表現で指定できます。ここではsplit()の基本的な使い方を正規表現を使用したパターンをお伝えします。